AONと雲泥 松山凱旋会見で一皮むけたグリーンジャケット姿

公開日: 更新日:

 マスターズ優勝から13日に帰国した松山英樹が14日、グリーンジャケットを着てリモート会見を行った。

 直前の「バレロ・テキサス・オープン」は初日に好スタートを切りながら、2日目以降にスコアを崩し「なんでこんなに怒っているんだろう」とキャディーに当たり、チームに迷惑をかけている自分に気付き、あきれたそうだ。

 マスターズ開催週は月曜日から日ごとにスイングの感触が良くなり、「今週は怒らずにミスを受け入れていこうと決めた」と感情をコントロールできたことが勝因につながったと振り返った。

 同時に、「(これまで)クラブをたたきつけるよくない行いもあった。(メジャー勝者になり)見られていると思うから、やらないように気を付ける」と語り、「まだまだ活躍しないと(小さな子供たちが僕を)目指したいと思わないかもしれない。10年、15年と長く第一線で活躍したいと思う」とも言った。マスターズに勝ったことで、人間としても大きく成長したようだ。

 2週間の隔離後に、当初出場するはずだったウェルズ・ファーゴ選手権(5月6日開幕)をスキップし、AT&Tバイロン・ネルソン(同13日開幕)に向けて再渡米する予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る