松山が中学時代の恩人に誓った「プロになって恩返しを」

公開日: 更新日:

 松山英樹(29)は中学2年になる時に、中高一貫の高知・明徳義塾へ編入した。

 明徳義塾中・高ゴルフ部の高橋章夫監督は松山に関して「授業中は静かで、おとなしくしていた。ゴルフは真面目で一生懸命で、模範的。怒ったことはありません」と言った。

 高校1、2年時の担任だった野球部部長の佐藤洋教諭は、「控えめでおとなしい印象でした。当時からゴルフが上手ということは聞いていましたが、どれだけスゴイのかは知らず……」と話す。

「控えめでおとなしい」と口をそろえるが、しかし、気心の知れた人たちの前では違う顔を見せていた。

 松山は中学時代、週末になると同じゴルフ部で1学年下の山本健斗さんの実家へ頻繁に通っていた。

 健斗さんの母親で、当時の松山をよく知る山本志穂美さん(以下=山本さん)は、「シャイな面もありましたが、仲の良い後輩(息子)と一緒ということもあって、ウチでは結構お話をしてくれました」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る