松山英樹も深く憂う…日本男子ツアー不人気の構造的問題点

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】第1日

 2021年の国内男子ツアーがやっと開幕した。

 しかしマスターズ優勝から凱旋帰国した松山英樹は隔離期間があるため出場していない。もちろん隔離期間が明けてもすぐに主戦場の米ツアーに戻るため、日本ツアーには当分出場しない。

 松山は14日のリモート会見で「女子ツアーに押されている」と憂いていた。

「男子にも魅力があると思う。東建で開幕し、面白い戦いになると思う。その面白さが伝わらないのが現状。僕が勝って男子ツアーも面白いと注目されればうれしい」(松山)

 だが、事はそう簡単ではない。

 おそらく日本男子ツアープロ全員が束になっても、集客力、注目度、稼ぎ、人気のいずれも松山一人にかなわないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る