「ドラゴン桜」最終回“最強の助っ人”は誰だ!ガッキー、山P…大穴は仲間由紀恵

公開日: 更新日:

 俳優の阿部寛(57)が主演を務めるTBS系連続ドラマ「ドラゴン桜」が27日に最終回を迎える。20日の第9話の平均視聴率(世帯)は15.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、4週連続で右肩上がりとなった。

 最終回では、東大専科から何人の合格者が出るのか、先代理事長の父親と、娘である現理事長の龍野久美子(江口のりこ=41)をめぐる学園買収劇の行方はどうなるのか――が注目だが、もう一つ、大きな関心を集めているのが、予告編で「最強助っ人」と示された登場人物は誰か、ということだ。

「ネット上でささやかれているのは、いずれも、ドラマの第1シリーズに登場した人物です。期待が高まっているのが、矢島勇介役を務めた山下智久(36)。ネット上でも<山Pに出てほしい><山Pなら必ず見る>といった声が多くみられますが、すでにジャニーズ事務所を退所した山下が、かつての事務所の後輩が出演しているドラマに出てくるのかは疑問です。山下と同様に人気が高いのが、香坂よしの役だった新垣結衣(33)です。前作では、今は弁護士となった水野直美(長澤まさみ=34)をライバル視する役柄でした。大ヒットした主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』も同じTBS系だけに、今回、『久しぶりね』なんて言って登場する可能性は十分あるでしょう」(芸能雑誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る