本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

「劇場番長」見取り図がM-1チャンピオンになるためには…

公開日: 更新日:

 登場シーンでは「劇場番長」と紹介され、M-1グランプリに2018年から3年連続で決勝進出している見取り図。決勝へ進むのは当たり前と思われているところに大きな喜びと共にプレッシャーを感じているのではないでしょうか。

 入学当時(NSC大阪29期生)2人の第一印象は正反対でした。ボケのリリー君は「声の小さいおとなしい子」でひ弱そう。「大丈夫かこの子?やっていけるか?」と違う意味で印象に残りました。ツッコミの盛山君は堂々としてふてぶてしく見え、先輩の野性爆弾・川島君(くっきー!)以来の威圧感を感じたものでした。昔に比べて年々、個性的な子が減っていたので「久しぶりにやんちゃなヤツが来よった!」という期待も感じさせてくれました。でも、話をすると川島君同様、礼儀正しく、実にしっかりしていました。

 NSC在学中からネタのインパクトは強烈。盛山君の「クビちぎったろか!」というツッコミがネタの流れの中ではおもしろく聞こえるのですが、ここだけをピックアップするとかなりガラが悪い。授業では基本的にやりたいことをやりたいように「好きなことしいや」と言うようにしていますが、言葉が言葉だけに「強すぎて不快に感じる人もいるやろうから厳しいと思うよ」とコメントしていました。が、やはりNHKのネタ見せでNGになり、封印せざるを得なくなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る