桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「我が心の大滝詠一」と「博士ちゃんSP」の圧倒的熱量で感じた歌番組の過渡期

公開日: 更新日:

 8月28日の「我が心の大滝詠一」(NHK・BSプレミアム)を見た。今年春にBS4K・BSプレミアムで放送されたものだが、視聴者からアンコールの声が寄せられ再放送に至ったという。

 番組では盟友・松本隆らの証言をもとに伝説のアーティスト、大滝詠一の軌跡をたどる他、これまでに大滝作品の録音に参加してきたミュージシャンの演奏をバックに小泉今日子(快盗ルビイ)や小林旭(熱き心に)、薬師丸ひろ子(探偵物語)らのオリジナルアーティストが歌った。

 1曲目「君は天然色」とラスト「幸せな結末」は大滝本人のボーカル音声を使用、大滝のいるべきところにスポットが当たる演出もよかった。全面的に大滝へのリスペクトであふれた音楽愛を感じる番組だった。

 8月21日の「博士ちゃん特別編! 夏休み2時間スペシャル! 博士ちゃんが衝撃を受けた昭和歌謡の歌姫ベスト20!」(テレビ朝日系)も面白かった。番組おなじみの昭和大好き博士ちゃんたちが昭和の歌姫について語るものだが、その偏愛ぶりに驚くばかり。1位美空ひばり、2位太田裕美、3位山口百恵……坂本冬美、八神純子、高橋真梨子と昭和世代には懐かしい名前が次々。

 なかでも青江三奈については「伊勢佐木町ブルース」の「アァ~ン」というため息は最初はなかったが、レコーディングで青江が咳をしたのを聞いたディレクターが急きょ、それを入れるようにと頼んだこと、さらにその声が色っぽ過ぎるということで紅白に出場した際、その部分をカズーの音で差し替えたことなど、昭和世代も知らないような知識を博士ちゃんが。

 ゲストの葉加瀬太郎は「今の子たちはYouTubeで見るから今の歌手と昔の歌手に区別がない」と言っていたが、昭和歌謡の魅力にハマる子供たちが多いということは博士ちゃんたちにとって今の楽曲よりも、昭和歌謡により魅力を感じるということだろう。

名曲を語り合う熱量の高い番組がいい

 実際、美空ひばりや笠置シヅ子はリスペクトしても、もう一人のゲスト・きゃりーぱみゅぱみゅには何の思い入れもない感じも笑ってしまった。

 この2つの番組から歌に対する圧倒的な熱量を感じて思ったのはそろそろ歌番組も変換期に来ているということ。一時期、昭和世代をとりこもうと懐かしの名曲的番組が増えたが、それも昔の映像でつなぐだけでは飽きてきた。とかく映像さえあればなんとかなると思いがちだが、同じ映像ばかりを見せられても……。

 それならば、歌っている映像がなくても「我が心の大滝詠一」や「博士ちゃん」のように、じっくりと名曲を語り合う熱量の高い番組がいい。

 ちなみに、先日の「ミュージックステーション3時間SP」の視聴率は第1部5.3%、第2部9.3%。音楽番組も過渡期に来ている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔