清原果耶「ファイトソング」は考察ドラマ…間宮祥太朗と菊池風磨「当て馬」はどっち?

公開日: 更新日:

 昨年のNHK朝ドラ「おかえりモネ」でヒロインを演じた清原果耶(19)の民放初主演作「ファイトソング」(TBS=火曜夜10時)が11日にスタートした。

「ファイトソング」は朝ドラからヒューマンドラマ、ラブコメなども手掛けてきた大御所・岡田惠和氏のオリジナル脚本で、〈夢破れたスポ根ヒロイン、一発屋ミュージシャン、万年片思いの一途な幼馴染、不器用な3人のじれったくて切ない、恋と成長の物語!〉(番組公式HP)。初回の世帯視聴率は9.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「清原さんはドラマ初主演で数々の賞を受賞した2018年の『透明なゆりかご』をはじめ、19年の時代劇『蛍草 菜々の剣』、そして『おかえりモネ』と、NHKのドラマで影や憂いと同時に芯の強さを持ったヒロインを好演してきました。ラブコメを得意とするTBS火曜10時枠でどんなヒロインを演じてくれるのか。成否によっては今後の作品やCM出演などに大きく影響するので、業界内では注目度が高い」(広告代理店関係者)

 ところが、そんな業界関係者の思惑をよそに、ネット上では違う盛り上がりをみせている。清原演じるスポ根ヒロインを取り巻く2人のイケメン、一発屋ミュージシャン役の間宮祥太朗(28)と、幼なじみ役の菊池風磨(26)について、思わぬ「考察合戦」が繰り広げられているのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?