石田純一の窮地を救った3億円豪邸売却「売却益は少なくとも数千万円」と専門家

公開日: 更新日:

 コロナ禍で仕事激減、スポンサー離れに見舞われている、タレントの石田純一(68)。「年収が6000万円減った」と語るなど、目下、収入激減の憂き目に遭っているという。だが、緊急事態宣言中の沖縄渡航やコロナ感染をはじめ、その後もたびたび飲み歩くなど、自ら撒いた種というのがもっぱらだ。そんな石田を擁護する声もあるにはある。

「本人の脇の甘さもありますが、石田さんにはパチンコ店をはじめ地方のスポンサーが多く、ゴルフや飲みのお誘いがかかれば、駆けつけざるを得なかったというのが本当のところのようです」(石田をよく知る芸能関係者)

 度重なる事態に妻の東尾理子(46)からも愛想をつかされ四面楚歌状態だが、悪い話ばかりでもないという。

 昨年12月、都内の高級住宅地にある3億円といわれる豪邸を売却。現在、別の高級住宅地にある月150万円の賃貸戸建てに一家で引っ越している。今年4月の長女の有名小学校入学に合わせての転居ということだが、偶然か否か、この決断は、石田にとって大きなプラスになったという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?