森七菜“足踏みの1年間”が鮮明に…人気ヒロインの座を“ライバル”福本莉子に明け渡す

公開日: 更新日:

 森七菜(20)の1年ぶり復帰作として話題になった医療サスペンスドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)が19日に最終回を迎えたが、平均世帯視聴率が7.8%と初回の8.4%にも及ばなかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 森は彗星のごとく現れた久々の大型新人。

 2020年にNHK朝の連続テレビ小説「エール」、連続ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)に出演して大きな注目を集め、“さあこれから”というタイミングで前所属事務所「ARBRE(アーブル)」から独立。大手芸能事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」と業務提携してから、足踏み状態が続いていた。

「森さんはもともと歌手志望なんですよ。ソニー・ミュージックレーベルズからデビューアルバムも出しています。その前提があって女優としてのマネジメント業務もソニーに頼ったわけですが、アーブルのホームページから突然プロフィルが消え、インスタグラムも閉鎖されて世間を騒がせました。しばらく森さんの様子を見ていたテレビ局や映画会社もありました」(民放テレビ局関係者)

 森が足踏みしている間にメキメキと頭角を現したのが“ライバル”といわれてきた福本莉子(21)だ。16年に開催された「第8回東宝シンデレラ」でグランプリを獲得し、森と「似ている」とネット上でも評判になっていた女優だ。今年、福本は「君が落とした青空」「20歳のソウル」「今夜、世界からこの恋が消えても」の3本の映画に出演する予定。

“ジャニース御用達女優”の座も失う

「君が──」はジャニーズJr「Travis Japan」松田元太(22)とのダブル主演、「今夜、世界から──」も「なにわ男子道枝駿佑(19)とのダブル主演だ。「20歳の──」も、関西ジャニーズJr「Aぇ! group」の佐野晶哉(20)が出演者に名を連ねている。福本がジャニーズに相手役として好まれていることがうかがえる。福本は人気も知名度もあり、スキャンダルとも無縁。身長も156センチと小柄で、スクリーンで一緒になるとジャニーズのタレントが映える。最近も道枝とSnow Man目黒蓮(25)がダブル主演した連ドラ「消えた初恋」(テレビ朝日系)でヒロインを務め、その演技力と可愛さが話題を呼んだ。

 森も昨年2月公開の映画「ライアー×ライアー」で、「SixTONES松村北斗(26)とダブル主演を務めたが、以降、ジャニーズタレントとの共演はない。どうやら森は、動きを止めていたこの1年の間に福本にポジションを奪われてしまったようだ。

「5月公開の映画『20歳のソウル』のキャスティングは当初、神尾楓珠主演、森七菜ヒロインの予定でした。ところが、森さんの独立話が浮上したことで、東宝イチ押しの福本さんに白羽の矢が立ったという経緯があります」(映画製作関係者)

 森は伸び盛りの成長期に成長しきらないうちにヒロインの座を“東宝シンデレラ”に奪われつつある。潮目が変わった今、森は相当な巻き返しを図らないと映像業界で居場所を見失うことになりかねない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代