本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

松嶋尚美の最大の強み 余計な忖度や打算のない天真爛漫な笑顔

公開日: 更新日:

 先日、お母さんの介護をしているという記事を見て、松嶋さんのことを思い出したので書かせていただこうと思います。

 初めて会ったのは、オセロとしてデビュー間もない1990年代半ば。構成していた情報番組の中で半年間、3分ほどのVTRでコント仕立てのスポンサー広告を作る際に起用されたのが若手芸人のオセロでした。台本を書く前に資料としてビデオで何本かの漫才を見ていて、正直なところ“発展途上”でメチャクチャ面白いという印象はありませんでしたし、これといった特徴も感じませんでした。それでも初めての打ち合わせで実際に会ってみると“知的な中島”“天真爛漫な松嶋”という、コントラストのいいコンビという印象に変わりました。特に松嶋さんは、目を見開いて食い入るように話を聞きながら、時にはじけるように豪快に笑って、あわてて手で口をふさいでいた姿が今も印象に残っています。

 後にコンビは解散しましたが、松嶋さんの輝きは増し、天真爛漫さはそのままに、みなさんご存じのように彼女ならではのポジションを確立しています。

 長らく会っていなかったのですが、十数年前のある日、東京の仕事から帰ってきた新大阪駅の構内で、改札から入ってくる松嶋さんと遭遇しました。私は遠目で気がつきましたが、構内にはお客さんが多くいたので、声を掛けずにやりすごそうと思っていると目が合った瞬間に「本多先生~!」と構内に響き渡るような声で手を振り、目深にかぶっていた帽子をとって「お疲れさまです。ごぶさたしてます!」と駆け寄ってきてくれました。「ごぶさた。大活躍やな」と言うと、「ありがとうございます!(これから)東京ですか?」「帰ってきたとこ、東京?」「はい、これから行ってきます。うわ~うれしい!」と話していると周りに人の輪ができていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外