二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

寺脇康文の「相棒」復活起用が教えてくれること ドラマ作りとは「温故知新」なのだ

公開日: 更新日:

「相棒」の5代目は、初代を務めた寺脇康文に決定した。秋の放送時には杉下右京・水谷豊は70歳。亀山薫・寺脇は60歳。古希と還暦コンビの相棒となる。なにやら縁起がよさそうだ。

 昨年11月、反町隆史の降板が発表されて以来、ドラマ界の関心事は次なる相棒の名前だった。出演者に関心が向くのはNHKの看板ドラマ「大河」と「朝ドラ」ぐらいで、民放では珍しいケースだが、関心を持たれた背景にはメディアによる報道があった。これもコロナ禍で物議となったある種の“煽り”報道の類いで、芸能の場合は煽ることで関心を増す。

 予想された俳優名とその根拠を改めて見ると、なんとも滑稽でもある。

 例えば福士蒼汰山崎育三郎。「反町と同じ事務所の後輩」というのが理由だった。松坂桃李は「水谷の娘・趣里と同じ事務所だから」などと書かれた。いずれも芸能界の政治的な事情から推測したものだった。その他、ジャニーズタレントから歌舞伎役者まで名前が挙がった。かつての相棒・及川光博成宮寛貴の復活も報じられた。寺脇については「水谷と仲が良くない」と犬猿説で可能性は薄いとされていた。しかし、フタを開けてみれば結果は寺脇。大穴だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず