フジ「純愛ディソナンス」 光石研の演技がスゴイ! 低視聴率でも夏ドラの“ダークホース”に急浮上

公開日: 更新日:

 夏ドラマも世帯視聴率が伸び悩み、大半が、かつて合格点とされていた2ケタに届かない。直近では半分の5%を切るドラマも出ている。

 Hey!Say!JUMP中島裕翔(28)主演の「純愛ディソナンス」(フジテレビ系木曜夜10時)も、初回4%台からついに3%台突入と苦戦中だ。

「今は視聴方法の選択肢が増えたとはいえ、さすがにこの数字では関係者のメンタルが心配」(在京キー局関係者)

 このドラマは、公式HPでは〈令和の新・純愛×ドロドロエンターテインメント!!〉とうたっている。中島初の教師役で生徒と禁断の恋……吉川愛が演じる女子生徒との決して一線を越えてはいけない関係を描いているというのだが……。

「いまだに〈GP帯なら2ケタが合格ライン〉という目線で報じるメディアが多く、5%に届かなければ“負け組”のような印象を与えてしまいますが、『純愛──』は最初の打ち出し方で損をしているような気もしますね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。

「放送前から〈教師と生徒の純愛〉というイメージが先行して、ネット上でも<使い古されたテーマ、しかもジャニドラ>と揶揄されたり、1993年のヒット作『高校教師』の既視感から否定的に受け止められたのかもしれません。本当の舞台は高校ではなかったことが分かる第3話以降の展開は、見落としたことが悔やまれるような面白さです。ヒロインの吉川さん以外、ほぼ全員“闇”を抱えていて、かつてのジェットコースタードラマ的。見逃せなくなってきました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも