「SMAP再結成」を遠ざけた木村拓哉の余計な一言…「教場」スポンサー離れで制作延期の弱り目

公開日: 更新日:

 来春放送予定の木村拓哉(50)主演「教場」(フジテレビ系)のスペシャルドラマの制作延期が発表された。10月上旬に予定されていたクラインクインが延期された理由について、フジテレビは制作上の問題としているが、番組スポンサーの意向との理由が根強い。

 ジャニー喜多川氏(享年87)の性加害の事実を認定し、謝罪したジャニーズ事務所。だが、スポンサーによるCM契約の見直しが相次ぎ、所属タレントの活動に実害が及び始めている中、日産自動車や日本マクドナルド、資生堂からCM契約の見直しが発表された天下のキムタクも例外ではなかった。
 
「今年4月に月9枠で放送されたドラマ版の教場にはサントリーや花王など、ジャニーズとのCM契約を見直している大手企業がスポンサードしていました。特にサントリーは『(ジャニーズタレントを広告起用することは)チャイルドアビューズ(子供への虐待)を企業として認めることになる』とジャニーズ断ちを宣言した新浪剛史社長の“新浪ショック”が大きい。新たなスポンサー探しも難航している模様です」(芸能ライター)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方