横浜流星に続き仲野太賀も大河主役「スターダストとNHK」の蜜月…バーター何人?

公開日: 更新日:

 NHKが2026年に放送される大河ドラマ「豊臣兄弟!」で俳優の仲野太賀(31)が主演を務めることを発表したのは12日のことだった。

 来年の「べらぼう~蔦重栄華乃夢噺~」では、仲野と同じ所属事務所・スターダストプロモーションの横浜流星(27)が主演を務めるが、同じ事務所の俳優が2年連続で大河ドラマの主演を務めるのはかなり異例だという。

「大河の歴史を遡ると、同じ事務所が2年連続なのは、04年の『新選組!』の香取慎吾、05年の『義経』の滝沢秀明氏。当時、香取はSMAP、滝沢氏はタッキー&翼のメンバーとして活躍しており、ジャニーズ事務所の全盛時代を感じさせます。とはいえ、2人ともすでにジャニーズを退所。時の流れを感じます」(テレビ誌記者)

 現在、NHKはジャニーズ事務所創業者の故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、旧ジャニーズ勢の新規起用を見送っている。そこにスターダスト軍団が大挙して押し寄せ、2年連続で大河俳優の座をゲットしたというわけだろう。

「同事務所で大河主演を務めたのは、17年の『おんな城主 直虎』の柴咲コウのみ。とはいえ、朝の連続テレビ小説のヒロイン・主役は、亡くなった竹内結子さん、本仮屋ユイカ瀧本美織葵わかな永野芽郁窪田正孝らが務め、もともとNHKには太いパイプがあった。H社長自らがトップセールスを展開しているだけに、今後、旧ジャニーズ勢に取って代わってNHKとの“蜜月”が目立つかもしれません」(スポーツ紙芸能記者)

 芸能界で隆盛を極めるスターダスト。仲野の大河ドラマに、同社の所属タレントがバーターで何人投入されるのかも注目だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める