高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

公開日: 更新日:

 昨年「30周年記念イヤー」を終え、1994年4月の放送開始から31年目に突入したフジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」が意気軒高だ。今年初めには、2018年から6年連続で「民放同時間帯視聴率1位」を獲得するなど、なにかと明るい話題に乏しいフジテレビの中で孤軍奮闘している。メインキャスターは三宅正治(61)、井上清華(28)、生田竜聖(35)のアナウンサー3人。

 発売中の「フライデー」は「フジテレビ『歴代最強女子アナ』を決めよう!」という企画を掲載しているが、歴代の「めざましアナ」も多数登場している。30人以上のテレビ関係者や識者に取材したという結果は、1位は高島彩(45)。圧倒的な支持を集め、ルックス、トーク力、アナウンス技術、すべての分野で申し分ない高評価だという。2位は近藤サト(55)、3位は八木亜希子(58)と続く。

 トップ3のうち2人が、「めざましテレビ」のメインキャスター経験者であることについて、女子アナ評論家の松本京也氏はこう話す。

「確かに高島アナがトップという結果は納得です。老若男女に愛された、まさに国民的アナウンサーでした。その後、同番組ではカトパンも人気となりましたが、一時期の高島アナの人気には及ばなかったのではないでしょうか。その一方、多士済々の人気アナが登場したフジテレビの『女子アナ黄金時代』には“めざまし派閥”と同時に“すぽると派閥”が存在しました。後者の中でもダントツの人気を誇ったのは、内田恭子アナでしょう」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった