長谷川博己「アンチヒーロー」2話目で上昇、レビュー&主題歌も高評価だが…今期ナンバーワンの“本命”に欠けているもの

公開日: 更新日:

 長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」の第2話が21日に放送され、平均視聴率は世帯12.8%、個人7.8%と、初回(11.5%、7.0%)から大きく伸ばして絶好調をアピールしている(数字は関東地区=ビデオリサーチ調べ)。

 ネット上の評価は上々で、《まだ2話目だけど面白すぎる》《カット割に気合い入りすぎてて感動!》《長谷川博己の役もぴったりはまってる》《北村匠海ってこんなにカッコよかったっけ?》などと、視聴の継続を“宣言”する書き込みがズラズラッ!

 レビューサービス「Filmarks」ドラマの評価は5点満点で3.9(22日午前現在)で、杉咲花(26)主演のフジテレビ系月10「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ制作)の4.1には及ばないものの、“ドラママニア”も満足させているようだ。スポーツ紙芸能担当デスクは「春ドラマ一番のヒット作の本命に躍り出ましたね」とこう続ける。

■長谷川博己は持っている男

「最近は《視聴率はイマイチだけど、ドラマの内容自体の評価は高いから》なんて制作サイドの“ぼやき”をよく耳にします。《良さを理解してくれる視聴者が少ない》と責任転嫁せんばかりなんですが、こと『アンチヒーロー』に関しては、数字も伸ばして評価も得ている。長谷川さんは“持っている男”ですよね。もちろん日曜劇場はオールドファンのリアタイ視聴が多いというアドバンテージがあるとはいえ、視聴者はバカじゃない。本当に面白ければリアタイで見る人もいる。《低視聴率だけど高評価》は言い逃れにすぎないような気がしますね」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった