中村アンに事務所独立説浮上のウラ側…事務所社長の退任ににじむ“昭和の芸能プロ”さながらの内幕

公開日: 更新日:

 この春、所属事務所を退所したり移籍するタレントが相次いでいる芸能界。吉岡里帆など人気女優の移籍も話題になったが、春先に業界関係者の間を駆け巡ったのが、中村アン(36)が独立するという仰天情報だった。

 中村は大手芸能プロ「プラチナムプロダクション」に所属。ドラマや映画、CM、ファッション誌などで女優、モデルとして活躍する人気者だ。

「中村アンを連れてプラチナムのS社長が独立するという話でした」というのは事情に詳しい芸能プロ関係者だ。どういうわけかーー。別の芸能関係者が話をこう継ぐ。

「S氏はテレビ局への営業に強く、キー局のプロデューサーにあの手この手で食い込むのが巧みで、その功績もあって社長に抜擢されたのですが、熱意と裏腹のパワハラ体質についていけない社員が続出。朝から全員集合して朝礼とか事務所の掃除とかまだかわいいもので、ボーナスの査定が急に下がったり、大声で叱責されてメンタル不調を訴える社員も出ていましたから」

 昭和の芸能プロのような〝不適切〟な状況を重く見た株主や事務所幹部らが話し合い、S氏は社長を退任。会長職にあったT氏が再び社長に復帰することになり、今年3月1日に発表となった。その措置に不満を募らせたS氏が中村を連れて独立するのではないか……という話が業界を駆け巡ったというわけである。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる