為末大氏「20歳以上下の異性の友人推奨」投稿でアカウント凍結…何が問題視されたのか?

公開日: 更新日:

 スポーツコメンテーターとしても活躍する元陸上選手の為末大氏(46)のⅩ(旧ツイッター)のアカウントが今月21日までに凍結された。

 18日に「50歳以降で多様性理解のために一番おすすめなのは『20歳以上下の異性の友達を作る』だと思っています」とポストし、ユーザーからは《50代の男が20代の女と付き合えると思うな》《同性ではだめなの?》などと批判が殺到。

 一方、アカウント凍結後は《為末大はあさはかだとは思うが、アカウント凍結されるほどのひどい発言したとも思えない。逆にXこえーわ》《凍結されるほどなのかは知らんけど、何故「20歳以上下」で「異性」なのか》などと、凍結の理由に注目が集まっている。

 フォロワー50万人を超える人気のアカウントだが、投稿から3日も経たずの凍結は珍しい。ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「ⅩやインスタグラムはAIだけではなく、炎上した投稿にはスタッフが目視でもチェックしていると聞きます。違法な画像が添付されていない限り、文字だけの投稿の場合は解釈が多様ですから、一発アウト(凍結)はあまりないです。まずは警告を伝える流れになりますから、余程公序良俗に反する内容とみられた可能性があります」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ