三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

公開日: 更新日:

“梨園の妻”のイメージが崩れつつあるのが、歌舞伎役者.8代目中村芝翫(58)と別居中の妻・三田寛子(58)だろう。2カ月前にNEWSポストセブンが芝翫の「2年ぶり4度目不倫」を報じたばかりだが、6日、同サイトは三田が芝翫の愛人との“半同棲先”を訪れ、「もっとしっかりしなさいよ!」と大声を張り上げる様子を伝えた。

 三田は1991年に芝翫(当時中村橋之助)と結婚。夫の浮気が報じられても動じず、3人の子どもたちを育て上げ、全員、人気歌舞伎役者として成功に導いた「梨園の妻、母」として、三田は歌舞伎ファンから根強く支持されてきた。

 そんな三田が意外な一面を見せたのが5月29日のTBSラジオ「パンサー向井の#ふらっと」。5月24日に自身のインスタグラムで下着コレクションを公開したことについて、「昔からランジェリーが好きで……。こないだインスタにね……。ごめんなさい。この場を借りて謝ります」と謝罪した。「いろんなお叱りのコメントが来た」そうで、息子から反省を促すコメントが来たことなどを語り、投稿はすでに削除したという。ただ、これらの三田の言動に、「喜んでいるようにしか聞こえなかった」という声が梨園から出ている。

「実は、三田さんは今でもアイドル気分が抜けないというか、本当はものすごく目立ちたい方。そもそも、梨園の妻には、ごひいき筋への挨拶回りや、招待状の送付など、やらなければいけない仕事が山ほどありますが、三田さんの場合は、お手伝いさんがいつも走り回っている印象です。ご本人が忙しく立ち回っている姿はあまり見たことがないんです。ご主人が舞台に出演されている時期でも、情報番組やラジオに出演されたり。やはり、芸能活動を続けたいのだろうという感じがすごく出ていますよね」(梨園関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ