近藤真彦「うたコン」生熱唱に“怒りの声”もNHKの『旧ジャニ所属組NG』基準堅持が正しいワケ

公開日: 更新日:

不倫報道で活動休止→突然退所したにもかかわらず…『ギンギラギンにさりげなく』『スニーカーぶる~す』を熱唱

 近藤真彦が6月4日、NHK『うたコン』の作曲家・筒美京平特集に出演し、大ヒット曲の『ギンギラギンにさりげなく』『スニーカーぶる~す』を披露した。故・ジャニー喜多川氏の性加害問題を受けてNHKは現在、旧ジャニーズ事務所のタレントの出演を控えているが、近藤は2021年に独立しているため、その方針は適用されなかった。

 しかし、旧ジャニーズ事務所のファンの中には、「なぜ所属のタレントが出られないのに、マッチは許されるのか」と怒りの声を上げる人もいる。近藤は長年「ジャニーズの長男」と呼ばれ、事務所の裏も表も知り尽くしていると考えられているからだ。たった3年前に退所しただけで、現所属タレントと違う扱いはおかしいと言いたいようだ。芸能担当記者が話す。

「しかも、マッチは不倫報道で活動休止している間に突然退所しているので、さらに心象が良くないのでしょう。ただ、NHKの『独立組OK』、『所属組NG』という出演基準は理解できます。NHKは別として、民放テレビ、スポーツ紙、雑誌には旧ジャニーズ事務所のタレントが何事もなかったかのように出ている。このままでは、旧ジャニーズとメディアの関係は元に戻るのではないかという危惧を感じます」

 昨年、イギリスBBCの報道をきっかけに、事務所創業者のジャニー喜多川氏(2019年死去)の性加害問題が日本でもクローズアップされた。50年以上前から週刊誌など一部メディアで話題になっており、1980年代後半には元フォーリーブスの北公次が『光GENJIへ』という告発本を出版し、ジャニー氏を糾弾していた。1999年に『週刊文春』が追及キャンペーンを組むと、事務所は名誉毀損で訴えたが、2003年の高裁判決でジャニー氏のセクハラ行為の真実性が認定され、翌年に高裁の判決が確定した。だが、テレビや新聞などの大手メディアではほぼ報じられなかった。週刊誌記者が語る。

「昨年、『再発防止特別チーム』の調査報告書には、『マスメディアの沈黙』という言葉がありました。大手メディアが報道に消極的だったことも、ジャニー氏が性加害を繰り返した理由の1つと断言された。その直後は、各メディアが反省を述べ、テレビも検証番組を作り、旧ジャニーズの出演を見合わせていた。しかし、数カ月経った今、民放テレビでは毎日のように旧ジャニーズのタレントが出ている。何事もなかったかのような対応に違和感を覚えます。タレントに罪はないと言いますが、旧ジャニーズに今も所属している状態は問題再発の温床になる可能性を秘めています」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  4. 4

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  5. 5

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  3. 8

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  4. 9

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…