吹石一恵「アンチヒーロー」で存在感 「鈴木保奈美パターンが好ましい」とドラマ界は復帰大歓迎

公開日: 更新日:

 9年ぶりにドラマ復帰した吹石一恵(41)がドラマ界の注目を集めている。吹石が出演したのは、長谷川博己(47)主演のTBS日曜劇場「アンチヒーロー」の第9話。検察官の桃瀬礼子役を演じる吹石は、それまで写真だけの出演だったが、長谷川演じる弁護士・明墨正樹の回想シーンで初登場。明墨が担当した糸井一家殺人事件で死刑判決を受けた志水裕策(緒形直人=56)について、最初に冤罪の疑いに気付き、真相解明に動く。その過程で病魔に襲われ、最後の病床で、「命は有限で、尊い。私も、もっと生きたかった」と語る。16日放送の最終回にも回想シーンで登場した。

 吹石の姿にSNSでは、《久々に見たけど、やっぱりキレイ》《20年間、見た目が全然変わらない。すごい》といったコメントから、《キレイな人だとは思っていたけど、まさかこんなに演技が上手いとは》《この方がこんなに素晴らしい女優さんだとは思ってもみなかった》など、吹石の演技を初めてしっかり見たという視聴者からも称賛の声が相次いだ。

「吹石のイメージといえば、真面目、健康的、清潔感が代名詞のような優等生でした。ところが、2007年に放送されたユニクロの『ブラトップ』『キャミソール』のCMでは、セクシーな大人の女性という雰囲気で登場して大きくイメージチェンジ。視聴者を驚かせました。女優としても、健康的で明るいキャラの役が多かった印象ですが、12年に放送されたNHK大河ドラマ『平清盛』の初回で、白河法皇を殺害しようとして逆に矢で討たれる白拍子の舞子役を演じ、その鬼気迫る演技に『吹石はこんなすごい役が演じられるのか』と反響を呼びました。ドラマ業界では、『これから多くの映画やドラマで間違いなく活躍する』と太鼓判を押す関係者は多くいました」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 しかし、15年に福山雅治(55)と結婚後は、第1子を出産したこともあり、女優としては休業状態に入っていた。なので今回の復帰を喜ぶ関係者は多い。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変