著者のコラム一覧
ラサール石井タレント

1955年、大阪市出身。本名・石井章雄(いしい・あきお)。鹿児島ラ・サール高校から早大に進学。在学中に劇団テアトル・エコー養成所で一期下だった渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成し、数多くのバラエティー番組に出演。またアニメの声優や舞台・演劇活動にも力を入れ、俳優としての出演に留まらず、脚本・演出も数多く手がけている。石井光三オフィス所属。

「最後の喜劇役者」伊東四朗さんを“最後”にしないように私たちも頑張って喜劇の灯をともし続けたい

公開日: 更新日:

 現在、新橋演舞場において熱海五郎一座「スマイルフォーエバー ~ちょいワル淑女と愛の魔法~」を上演中である。

 早いもので演舞場に進出して、11年目。途中コロナで1回の休止があり、今回は伊東四朗さん、松下由樹さんをゲストに迎え、10回目の節目の興行だ。

 三宅裕司、渡辺正行、小倉久寛、春風亭昇太、東MAX、深沢邦之、そしてラサール石井のおじさんたちで、いや、もうおじいさんたちで、開始当初はこんなに続くとは思っていなかった。何せ歌舞伎も行われる由緒ある劇場。そこに1回目は男性下着ショーのシーンで長い赤フンで花道を埋め尽くした。往年のファンには眉をひそめる人もいたが、今やすっかり認められ毎年5万人を動員する人気劇団だ。

 そもそも始まりは伊東四朗一座だった。伊東さんと東京喜劇をやりたいと思う仲間が結集した。そこに呼ばれた私は狂喜乱舞した。何せ伊東四朗さんは、子供の頃から笑いを目指し喜劇役者を夢見ていた私にとって、憧れであり目標の、きらめく星のような存在だったからだ。

 てんぷくトリオとして三波伸介、戸塚睦夫、伊東四朗の3人組で大人気。当時戸塚睦夫さんが肝臓を壊し入院。無事退院した復帰の生放送を、中学生の私は見ていた。伊東さんが戸塚さんを指して「この人肝臓を痛めてまして、レバー炒め」と言ったのだ。「この人はなんて面白いことを言うんだろう」と石井少年はぶっ飛んだ。それ以来、自分の夢はこの人みたいになることだと見定め生きてきた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」