近藤真彦はナゼ嫌われる? 還暦ライブは満員御礼も、今も続く“大物の呪縛”と「明菜」「不倫」の余波

公開日: 更新日:

 寵愛を受けたマッチもまた、被害者の一人かもしれない。今月4日のNHK『うたコン』の作曲家・筒美京平特集で大ヒット曲『ギンギラギンにさりげなく』『スニーカーぶる~す』を歌唱した近藤真彦(59)。誕生日の7月19日には日本武道館で還暦記念コンサートを行う予定だ。芸能記者が話す。

「チケット取扱サイトでは全て『予定販売枚数終了』となっており、完売しているようです。同世代のアイドルで武道館を満員にできるのは松田聖子くらいです。マッチの人気は未だに衰えていませんね」

 近藤はジャニーズ事務所に在籍していた頃から武道館ライブを行っていた。しかし、当時はバックで踊るジュニア目当ての観客が多いのではと勘繰られていた。

「ネット上でマッチの記事が出ると、アンチのコメントが大量に発生しますから、いまだにファンが多いことに驚く人もいるでしょう。『うたコン』では声が出ていないという批判もありました。でも、もうすぐ還暦を迎える人を20代の頃と比べるのは酷ですよ。芸能人はやたらと昔と変わらないことを求められますが、批判する人は20代の頃と同じような輝きを保っているのでしょうか。確かにマッチの声量は小さかったですが、ビジュアルの良さは今も健在です。外見は生まれ持ったものとはいえ、50歳、60歳まで若い時のようにカッコよくいられる人はほとんどいない。そこには見えない努力もあるはず。マッチは悪い所ばかりを批判されて、ちょっとかわいそうな気はしますね」(前出の芸能記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方