ヌード初挑戦の岩佐真悠子「性器に何もない幸せを享受して」

公開日: 更新日:

 16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれた抜群のプロポーションと、バラエティー番組で見せる毒舌キャラ。そのギャップが魅力の岩佐真悠子(26)が、主演映画「受難」(12月7日公開)でヌードを初披露した。原作者の姫野カオルコによれば、劇中で連発される女性器の名称を言える女優が見つからず、映画化に11年の年月がかかったとか。

「いい作品があれば、いつかはって覚悟してたので迷いはなかった。全裸で夜の街を全力疾走して初体験の相手を追いかける場面なんですけど、2月の屋外撮りだったから寒くって。しかも前を走る(撮影班の)トラックが『大丈夫かコレ!?』ってくらいのスピードを出す。入浴直後の設定だから髪も濡れてて、内心『凍る~!』みたいな。(後から試写で見たら)ちょっと笑っちゃいました。私、何やってんだろうって。そもそも自分が出てないシーンが2、3カ所くらいしかない映画なんで、恥ずかしくって客観的に見られないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る