ヌード初挑戦の岩佐真悠子「性器に何もない幸せを享受して」

公開日:  更新日:

 16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれた抜群のプロポーションと、バラエティー番組で見せる毒舌キャラ。そのギャップが魅力の岩佐真悠子(26)が、主演映画「受難」(12月7日公開)でヌードを初披露した。原作者の姫野カオルコによれば、劇中で連発される女性器の名称を言える女優が見つからず、映画化に11年の年月がかかったとか。

「いい作品があれば、いつかはって覚悟してたので迷いはなかった。全裸で夜の街を全力疾走して初体験の相手を追いかける場面なんですけど、2月の屋外撮りだったから寒くって。しかも前を走る(撮影班の)トラックが『大丈夫かコレ!?』ってくらいのスピードを出す。入浴直後の設定だから髪も濡れてて、内心『凍る~!』みたいな。(後から試写で見たら)ちょっと笑っちゃいました。私、何やってんだろうって。そもそも自分が出てないシーンが2、3カ所くらいしかない映画なんで、恥ずかしくって客観的に見られないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る