ヌード初挑戦の岩佐真悠子「性器に何もない幸せを享受して」

公開日: 更新日:

 16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれた抜群のプロポーションと、バラエティー番組で見せる毒舌キャラ。そのギャップが魅力の岩佐真悠子(26)が、主演映画「受難」(12月7日公開)でヌードを初披露した。原作者の姫野カオルコによれば、劇中で連発される女性器の名称を言える女優が見つからず、映画化に11年の年月がかかったとか。

「いい作品があれば、いつかはって覚悟してたので迷いはなかった。全裸で夜の街を全力疾走して初体験の相手を追いかける場面なんですけど、2月の屋外撮りだったから寒くって。しかも前を走る(撮影班の)トラックが『大丈夫かコレ!?』ってくらいのスピードを出す。入浴直後の設定だから髪も濡れてて、内心『凍る~!』みたいな。(後から試写で見たら)ちょっと笑っちゃいました。私、何やってんだろうって。そもそも自分が出てないシーンが2、3カ所くらいしかない映画なんで、恥ずかしくって客観的に見られないんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る