映画監督・池島ゆたかさんが振り返る「酒と女と芝居と映画」

公開日: 更新日:

 池島ゆたかさん(66歳)は数多くのピンク映画やAVに出演し、その一方で91年公開「ザ・ONANIEレズ」で監督デビューして以来、125本ものピンク映画の監督を務めている。まさに、「ミスター・ピンク」。酒歴はいかに――。

■突き出しを削るように少しずつ箸でつまみ

「酒と女と芝居と映画……」

 ボクの人生をひと言でいうと、こんな感じかなあ。66年に早大に入学してしばらくしたら、70年安保と全共闘運動に連動した大学紛争が始まって、授業ができなくなった。それでボクは弘前市出身の同級生に誘われて、6号館の5階にあったアトリエを根城に、演劇の世界に足を踏み入れたんです。

 それが20歳、3億円強奪事件があった68年のことです。その後、寺山修司さん主宰の「演劇実験室・天井桟敷」に参加したのを皮切りに、以後10年以上、ドップリと芝居一筋。カッコよく言えば演劇青年、現実は貧乏な若手役者でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る