清原“シャブ地獄”の原点 吉原ソープの元オーナーを直撃

公開日: 更新日:

■付き合いは先代オーナーの頃から

 N氏に話を聞いたのは「K」にある一室。部屋には清原容疑者が巨人時代にサヨナラホームランを打った時のサイン入りの写真や、実際に使用したグラブなどが飾ってあった。N氏は2代目オーナーで、清原容疑者とは先代オーナーのころから付き合いがあり、20年以上の間柄という。ただ、今は5~6年前に清原容疑者が携帯電話の番号を変えて以来、音信不通になったという。以下、一問一答。

――清原容疑者がシャブを最初に覚えたのは吉原のソープといわれている。

「覚醒剤に厳しい吉原で、シャブなんてやれるわけがない。キヨがどういう過程を経て、シャブに手を染めていったかは、(今となっては)どうでもいい」

 N氏は淡々と答えた。

――半年くらい前にも吉原で清原容疑者の目撃証言があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  4. 4

    だから宮迫博之は嫌われる ボートレース広告ギャラで悶着

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  7. 7

    1万ドル拾った米国男性が落とし主から受け取った謝礼は…

  8. 8

    G丸が補欠危機 熾烈な外野手争いと打率低迷で安泰にあらず

  9. 9

    二階発言が口火になるか…外堀が埋まりつつある“五輪中止”

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る