スタッフは全員“オネエ” 矢吹春菜が初ヌード写真集を語る

公開日: 更新日:

 樋口さんのはモノクロでしたが、今回はカラー。何回か打ち合わせをするうち、「ゲイはセンスがいいからスタッフはオネエがいいんじゃないか」という話になって、10代から仲良しのおぐねーをはじめ、スタイリストやアシスタントも全部オネエの方にお願いしました。“ノンケ”だったのはヘアスタイリストの男性1人だけ。

 2泊3日で伊豆の旅館を貸し切って撮影したんですけど、先生が淡々と「はい、じゃあ脱いでみて」と言って撮ると、オネエが「センセイ~、すごいわ~」「それそれ~」みたいな合いの手が入るので、先生も終始ハイテンション。空き時間に温泉に入ることになって、私もみんなと一緒に男風呂に入りました。洗い場では「ゲイ・ゲイ・ゲイ・私」みたいな並びに(笑い)。

 おぐねーと私は家が近所なので、家でご飯を作って食べたり飲んだりします。恋愛は……今は本当にダメ。自分が仕事に対して「オン」になりすぎているので、ちょっとめんどくさいとさえ思ってます。同世代の友達は結婚したり子供がいたりするので意識しますけど、今じゃないなと。

 最近は中国語の勉強に時間を割いています。中国は映画をたくさん作っている国。もともと女優になりたくてこの業界に入ったので、ゆくゆくは中国映画に出られたらいいなと思っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る