碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

テレ東「フルーツ宅配便」デリヘル嬢が映し出す人間の姿

公開日: 更新日:

 フルーツ宅配便は、咲田真一(濱田岳)が雇われ店長をしているデリヘルの店名だ。在籍する女性たちには、みかん(徳永えり)やイチゴ(山下リオ)といったフルーツの名前が付いている。

 そんなメンバーに加えて、新人が毎回入ってくる。どんな女優が、どんな女性として登場するのか。それがこのドラマの大きな見どころだ。

 たとえば、詐欺に引っかかり借金を背負ったモモ(成海璃子)。客に本番をさせておいて後から金をゆする、困ったタイプがサクランボ(筧美和子、好演)だ。そして先週のブルーベリー(中村ゆり)は、一度は逃れた覚醒剤に再び手を出し、自首することを選ぶ。

 咲田は確かに主人公なのだが、彼を軸にドラマが展開されるわけではない。主体はむしろ嬢たちだ。それぞれが抱えた事情やトラブルの中に、今の社会や生(ナマ)の人間の姿がさりげなく映し出されているのだ。また嬢たちは密室で客と向き合うが、サービス行為そのもののシーンはない。それは鈴木良雄の原作漫画も同様で、その抑制と禁欲ぶりが好ましい。

 ドラマは終盤に入ってきた。咲田が付き合っているえみ(仲里依紗)が所属する、悪徳デリヘル店の経営者・沢田(田中哲司)と、フルーツ宅配便のオーナー・ミスジ(松尾スズキ)の対決も迫っているようだ。そして、咲田自身はこれからどうするのか。気になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る