ピエール瀧は“見せしめ逮捕”か 芸能界に薬物汚染の連鎖

公開日: 更新日:

「キメてハイになると、頭が冴えて創造力がアップするとか、セックスするときに使うというのは有名な話。常習者は鼻水が出やすくなったりするらしい」(前出の週刊誌記者)

 有名芸能人はドラッグの売人たちに上客と見られ、狙われやすいとの説もある。金持ちで、払いが良い上、口が堅く、顧客になると、長く儲けられる。芸能人も安易に手を出して捕まったりしないよう入手先には気を配る。そのため信頼できる紹介者やコネクションを求め、かくして密売ルートが構築されていくようだ。

■新井浩文との親密関係

 では、瀧容疑者のルートはどうだったのか。冒頭の証言は瀧容疑者所属のバンド「電気グルーヴ」のメンバーと付き合いのあった元女優によるもの。

「瀧容疑者はミュージシャンに俳優とジャンルをまたいで多くの有名人と幅広く交流していました。いまネットで話題となっているのが、先に強制性交の疑いで起訴された新井浩文被告との関係です。瀧容疑者と新井は2015年のNHKドラマ『64(ロクヨン)』で共演し、新井がレギュラー出演していたBSの『美しき酒呑みたち』にもゲスト出演している。新井はツイッターで女優を中心に、瀧容疑者と3人で写った写真を投稿し『両脇犯罪者じゃないよ』とのコメントを載せていたんです。こうした付き合いがそこかしこに見られ、さまざまな臆測を呼んでいます」(スポーツ紙芸能デスク)

 芸能界を揺さぶる薬物スキャンダルの幕開けとなるのか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る