“小嶺依存”から抜け出せるのか…田口淳之介の気になる今後

公開日: 更新日:

 麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と、事実婚の関係にある小嶺麗奈被告(38)が勾留先の警視庁湾岸署から保釈されたのは6月7日。だがその週末、2人の“愛の巣”である東京・世田谷区のマンションに電気の灯りがともることはなかった。

 保釈条件のひとつに接触禁止があり、現在2人は別々の場所で初公判を待っている状態だという。証拠隠滅や口裏合わせ防止のために、電話やメールでのやり取りも禁止されている。

 ファンの最大の関心は、7月末とも8月上旬ともいわれる初公判以後の2人の動向だろう。どちらも今回が初犯であるため、執行猶予付きの有罪判決が予想されている。2人が関係を清算しない限り、薬物依存から抜け出せないのではないかという見方もあるが、2人が完全に関係を断ち切ることは至難の業だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る