“小嶺依存”から抜け出せるのか…田口淳之介の気になる今後

公開日: 更新日:

 麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と、事実婚の関係にある小嶺麗奈被告(38)が勾留先の警視庁湾岸署から保釈されたのは6月7日。だがその週末、2人の“愛の巣”である東京・世田谷区のマンションに電気の灯りがともることはなかった。

 保釈条件のひとつに接触禁止があり、現在2人は別々の場所で初公判を待っている状態だという。証拠隠滅や口裏合わせ防止のために、電話やメールでのやり取りも禁止されている。

 ファンの最大の関心は、7月末とも8月上旬ともいわれる初公判以後の2人の動向だろう。どちらも今回が初犯であるため、執行猶予付きの有罪判決が予想されている。2人が関係を清算しない限り、薬物依存から抜け出せないのではないかという見方もあるが、2人が完全に関係を断ち切ることは至難の業だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  10. 10

    競泳200m自由形・松元克央まさかの予選落ち…不発に終わった“公私のスピード”

もっと見る