新井浩文が拒否された示談金2000万円 強制性交での相場は

公開日: 更新日:

 2日に東京地裁で開かれた俳優・新井浩文被告(40=本名・朴慶培)の初公判。

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われている新井被告は、罪状認否の前に「本当にすみませんでした」と被害女性に謝罪したが、「暴力は一切やっていません。それと同意があったと思っています」などと無罪を主張した。

 もし仮にそうだとしたら、被害女性はなぜ示談に応じなかったのか、という疑問は残る。

「女性の被害感情が強いんです。『とても悔しい思いをした』『物みたいに扱われた』『なかったことにしたくなかった』『刑務所に入って反省してほしい』と証言するなど、新井被告に対する憎悪をあらわにしています。新井被告側は示談金2000万円を申し出ましたが、女性はそれを拒否。お金で解決できると思ったら大間違いだ、そんな強い意志を感じます」(司法担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る