新井浩文が拒否された示談金2000万円 強制性交での相場は

公開日: 更新日:

 2日に東京地裁で開かれた俳優・新井浩文被告(40=本名・朴慶培)の初公判。

 派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われている新井被告は、罪状認否の前に「本当にすみませんでした」と被害女性に謝罪したが、「暴力は一切やっていません。それと同意があったと思っています」などと無罪を主張した。

 もし仮にそうだとしたら、被害女性はなぜ示談に応じなかったのか、という疑問は残る。

「女性の被害感情が強いんです。『とても悔しい思いをした』『物みたいに扱われた』『なかったことにしたくなかった』『刑務所に入って反省してほしい』と証言するなど、新井被告に対する憎悪をあらわにしています。新井被告側は示談金2000万円を申し出ましたが、女性はそれを拒否。お金で解決できると思ったら大間違いだ、そんな強い意志を感じます」(司法担当記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る