沢尻エリカ逮捕も偶然?政権不祥事と芸能人逮捕の相関関係

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ容疑者(33)が16日、合成麻薬MDMAの所持で逮捕され、世間は大騒ぎだ。この事件について興味深い発言をしたのがタレントのラサール石井(64)。ツイッターに<まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ>と書き込んだのだ。石井は明言していないが、安倍首相の「桜を見る会」問題を指しているのだろう。確かに調べてみると、政権の不祥事などが炎上中に有名人が摘発される事件は過去に複数起きている。

 そのひとつが、2016年2月2日の清原和博(52)の逮捕だ。前月の1月21日発売の「週刊文春」でアベ友・甘利明経済再生相(当時)の口利きワイロ疑惑が報じられた。大臣室での現ナマのやりとりなど総額1200万円を受け取っていたとされる。甘利氏は同1月28日に大臣を辞任したが、国会での追及は続いた。ところが清原が逮捕され、テレビなどの報道は清原に集中。甘利氏は「睡眠障害」を理由に国会を長期欠席した。ジャーナリストの田中良紹氏はメルマガに<(警察が)2年以上内偵を続けていた元プロ野球界のヒーローを甘利大臣辞任表明の4日後に逮捕したのは最強の目くらましと考えられたからではないか>と書いたが、甘利氏はまんまと逃げおおせ、今では自民党税制調査会長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  3. 3

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  10. 10

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る