沢尻エリカ逮捕も偶然?政権不祥事と芸能人逮捕の相関関係

公開日: 更新日:

 沢尻エリカ容疑者(33)が16日、合成麻薬MDMAの所持で逮捕され、世間は大騒ぎだ。この事件について興味深い発言をしたのがタレントのラサール石井(64)。ツイッターに<まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ>と書き込んだのだ。石井は明言していないが、安倍首相の「桜を見る会」問題を指しているのだろう。確かに調べてみると、政権の不祥事などが炎上中に有名人が摘発される事件は過去に複数起きている。

 そのひとつが、2016年2月2日の清原和博(52)の逮捕だ。前月の1月21日発売の「週刊文春」でアベ友・甘利明経済再生相(当時)の口利きワイロ疑惑が報じられた。大臣室での現ナマのやりとりなど総額1200万円を受け取っていたとされる。甘利氏は同1月28日に大臣を辞任したが、国会での追及は続いた。ところが清原が逮捕され、テレビなどの報道は清原に集中。甘利氏は「睡眠障害」を理由に国会を長期欠席した。ジャーナリストの田中良紹氏はメルマガに<(警察が)2年以上内偵を続けていた元プロ野球界のヒーローを甘利大臣辞任表明の4日後に逮捕したのは最強の目くらましと考えられたからではないか>と書いたが、甘利氏はまんまと逃げおおせ、今では自民党税制調査会長だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る