沢尻エリカ巨額賠償金の尻拭いに「美尻ショット」の勧め

公開日: 更新日:

「沢尻さんだけに、尻拭いするにはお尻でも出すしかないんじゃないですかね……」

 こう言って笑うのは、芸能評論家の佐々木博之氏だ。合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕・起訴され、今月6日に懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決が下った沢尻エリカ(33)の違約金に関するコメントだ。

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の降板による撮り直し費用やCMスポンサーへの違約金を含めると、沢尻には10億円とも20億円ともいわれる弁済金がのしかかるとみられている。そのため、沢尻が動画配信サービスで挑発的な作品に挑戦するのではないかとか、本物のアダルトビデオ業界から出演オファーが寄せられているといった報道もあった。

 しかし、いきなり“切り札”を切るのは得策ではない。稼いだとしてもせいぜい数億円程度だろうし、妙な色がついたら、その後のドラマや映画出演が遠のく。2009年に沢尻と同じく薬物事件で世間を騒がせた酒井法子(48)も最後の一線を越えることはなかった。所属事務所のエイベックスとしては到底認められないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る