著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

考えている以上に「ストレス」は病気の引き金になる

公開日: 更新日:

 とはいえ、社会を生きていく上で、仕事関係や対人関係などでストレスをゼロにすることはできないと思います。組織の中にいる以上、自分でコントロールできないことはたくさんあります。しかし、最低限の食事睡眠環境は自分でコントロールできるはずです。特に、睡眠は脳の状態を健康に保つためにも重要だと分かっています。

 世界に比べ、日本人の平均睡眠時間は短いといわれることがあります。単に短いだけならまだしも、近年は眠る寸前までスマホやタブレットなどを眺めてしまうため、交感神経がオンのまま眠る人が増えました。眠りの質が悪ければ、その分、ストレスも逃げづらくなってしまいます。

 ボストン大学のファルツらの研究(19年)で、睡眠中(特にノンレム睡眠中)は脳内液体の循環スピードが3.5倍に高まるという報告があります。循環スピードが高まることで脳内のいらない物質をきれいに洗い流している。すなわち、質の高い睡眠を取るほどストレス物質などを取り除いてきれいな状態にしてくれ、翌朝には良い状態で目覚めることができるというのです。

 人間は生きていく中で、すべてのストレスをコントロールすることはできません。何かに囲まれ、誰かと接触する以上、どこかでイライラや不安を抱えます。だからこそ、ひとりでもコントロールできる睡眠の質を高めることが、重要なストレスコントロール術となります。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」