著者のコラム一覧
堀田秀吾明治大学教授、言語学者

1968年生まれ。言語学や法学に加え、社会心理学、脳科学の分野にも明るく、多角的な研究を展開。著書に「図解ストレス解消大全」(SBクリエイティブ)など。

ラムネで効果的にイライラ回避…効率的に血糖値を上げる

公開日: 更新日:

 空腹にもかかわらず食事を我慢することは決していいことではありません。

 ダイエットをするとき、「食べなければいい」と早合点してしまいそうになりますが、お腹が減ると人間はオキシトシンと並んで“幸せホルモン”と呼ばれるセロトニンが減ってしまいます。さらには、血糖値も下がってしまいます。お腹が減るとイライラしてしまうのは、このためです。

 ロヨラ大学シカゴ校のペンコッファーらの、糖尿病患者に対する実験(2012年)では、血糖値をコントロールできていないと、低血糖時に不安や怒り、そしてQOL(生活の質)の低下が起こることが明らかになっています。

 また、セロトニンが減ると、うつや不眠になる危険性も高まってしまうので、ストレスがたまっている状況で、無理に食欲を我慢するのは百害あって一利なしなのです。きちんとバランスの良い食事をとることは欠かせません。

 その上で覚えておいてほしいことは、人間は血糖値が低くなるとイライラしやすいという点。イライラしないように血糖値を高める糖分の多いお菓子を食べると、ついつい食べすぎてしまって、体重が増えるといった懸念もあるでしょう。とりわけ、ダイエットをしている人にとっては死活問題かもしれません。そこでおすすめしたいのがラムネです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」