高金利に景品まで! 「キャンペーン中の定期預金」で賢く資産防衛

公開日: 更新日:

 来年4月からの消費税増税で、サラリーマン生活はいっそう苦しくなる。そこで、少しでも資産を守る方法を考えてみたい。

 もっとも身近な資産は定期預金だろう。だが、定期預金は金利が低くメリットのない金融商品の代表と思われている。確かに1年満期の金利は現在年0.03%程度なので、元本100万円を1年間預けても、税引き後はわずか240円にしかならない。

 しかし、全国の銀行の中には魅力的な定期預金も数多くある。秋田銀行は現在、「あきた応援キャンペーン」中だ。10万円以上の元本を1年満期にすると、金利が年0.2%と高いだけでなく、抽選で最高5万円分の「秋田県観光利用券」が300人に当たる。また先着3万人には「あったかカイロ」の景品をプレゼントしてくれる。キャンペーン期間は14年1月末まで。

 三井住友信託銀行は、「退職金特別プラン・キャンペーン」を14年9月末まで実施中。退職や退職金の受け取りから1年以内であれば、3カ月満期の定期預金の金利を年3.8%と超高金利を適用する。ただし、3カ月を過ぎると通常の金利(年0.025%)に下がるので3カ月間だけ利用するのもよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  4. 4

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  5. 5

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    軟弱地盤も…不動産高価格の東京都心・西側に浸水の可能性

もっと見る