高金利に景品まで! 「キャンペーン中の定期預金」で賢く資産防衛

公開日: 更新日:

 来年4月からの消費税増税で、サラリーマン生活はいっそう苦しくなる。そこで、少しでも資産を守る方法を考えてみたい。

 もっとも身近な資産は定期預金だろう。だが、定期預金は金利が低くメリットのない金融商品の代表と思われている。確かに1年満期の金利は現在年0.03%程度なので、元本100万円を1年間預けても、税引き後はわずか240円にしかならない。

 しかし、全国の銀行の中には魅力的な定期預金も数多くある。秋田銀行は現在、「あきた応援キャンペーン」中だ。10万円以上の元本を1年満期にすると、金利が年0.2%と高いだけでなく、抽選で最高5万円分の「秋田県観光利用券」が300人に当たる。また先着3万人には「あったかカイロ」の景品をプレゼントしてくれる。キャンペーン期間は14年1月末まで。

 三井住友信託銀行は、「退職金特別プラン・キャンペーン」を14年9月末まで実施中。退職や退職金の受け取りから1年以内であれば、3カ月満期の定期預金の金利を年3.8%と超高金利を適用する。ただし、3カ月を過ぎると通常の金利(年0.025%)に下がるので3カ月間だけ利用するのもよい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る