「働くとは?」 テーマ本をむさぼり読む就活生の“時代観”

公開日: 更新日:

 就活本は今や、書類の書き方から面接に至るまでテーマごとに細かくマニュアル化されている。

 20年前に「面接の達人」が唯一のバイブルだった中年サラリーマンは、豊富な就活情報が手に入る学生がうらやましいが、今年は就活本の傾向に異変が起きている。「働く」という根源的なテーマの本が続々出版され、売れているのだ。

 大手通販サイト「アマゾン」で「働く」をキーワードに新刊書籍を検索してみると、今年9月以降だけでも30冊以上出版された。佐々木常夫「働く君に贈る25の言葉」(WAVE出版)など、ビジネス書でも有名な著者が目立つし、海老原嗣生「日本で働くのは本当に損なのか」(PHP新書)など、人事や就活のプロによる新刊も多い。

 ところで、就活やサラリーマンの生き方をテーマにしたビジネス本のトレンドは、景気状況を反映して、数年に一度大きく変わってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  3. 3

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  4. 4

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  7. 7

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  8. 8

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  9. 9

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  10. 10

    闇営業で宮迫博之が消えたら後釜に座りそうな芸人は誰か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る