「私が欲しい企業は挙手を」 学生“逆求人”は広がるか

公開日:  更新日:

 今年3月に卒業した大学生の就職率は93.9%。2年連続で改善し、就職戦線は復調の兆しを見せている。

 となれば、売り手市場の学生も強気になるというもの。近ごろは、学生が企業からの採用指名を待つ、「逆求人」が注目されている。

 人材サービス会社アイデムが運営する「ジョブラス」は、採用オファーされたい就活生と、名指しで学生を指名したい企業のマッチングサイト。

 昨年12月のサービス開始以来、登録学生数は7万人以上、企業は3500社を超えるという。例えば、マスコミ系の場合、「神奈川新聞」「光文社」などがここに求人を出している。

 学生は、就活プロフィルに顔写真を載せ、資格やスキル、志望する業界やその理由、希望条件などを書き込む。作品や論文があれば、それをアップロードすることも可能だから、一般的なエントリーシートの何倍も自分をアピールできるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る