「私が欲しい企業は挙手を」 学生“逆求人”は広がるか

公開日:  更新日:

 今年3月に卒業した大学生の就職率は93.9%。2年連続で改善し、就職戦線は復調の兆しを見せている。

 となれば、売り手市場の学生も強気になるというもの。近ごろは、学生が企業からの採用指名を待つ、「逆求人」が注目されている。

 人材サービス会社アイデムが運営する「ジョブラス」は、採用オファーされたい就活生と、名指しで学生を指名したい企業のマッチングサイト。

 昨年12月のサービス開始以来、登録学生数は7万人以上、企業は3500社を超えるという。例えば、マスコミ系の場合、「神奈川新聞」「光文社」などがここに求人を出している。

 学生は、就活プロフィルに顔写真を載せ、資格やスキル、志望する業界やその理由、希望条件などを書き込む。作品や論文があれば、それをアップロードすることも可能だから、一般的なエントリーシートの何倍も自分をアピールできるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る