「私が欲しい企業は挙手を」 学生“逆求人”は広がるか

公開日: 更新日:

 今年3月に卒業した大学生の就職率は93.9%。2年連続で改善し、就職戦線は復調の兆しを見せている。

 となれば、売り手市場の学生も強気になるというもの。近ごろは、学生が企業からの採用指名を待つ、「逆求人」が注目されている。

 人材サービス会社アイデムが運営する「ジョブラス」は、採用オファーされたい就活生と、名指しで学生を指名したい企業のマッチングサイト。

 昨年12月のサービス開始以来、登録学生数は7万人以上、企業は3500社を超えるという。例えば、マスコミ系の場合、「神奈川新聞」「光文社」などがここに求人を出している。

 学生は、就活プロフィルに顔写真を載せ、資格やスキル、志望する業界やその理由、希望条件などを書き込む。作品や論文があれば、それをアップロードすることも可能だから、一般的なエントリーシートの何倍も自分をアピールできるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

  10. 10

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

もっと見る