「私が欲しい企業は挙手を」 学生“逆求人”は広がるか

公開日: 更新日:

 今年3月に卒業した大学生の就職率は93.9%。2年連続で改善し、就職戦線は復調の兆しを見せている。

 となれば、売り手市場の学生も強気になるというもの。近ごろは、学生が企業からの採用指名を待つ、「逆求人」が注目されている。

 人材サービス会社アイデムが運営する「ジョブラス」は、採用オファーされたい就活生と、名指しで学生を指名したい企業のマッチングサイト。

 昨年12月のサービス開始以来、登録学生数は7万人以上、企業は3500社を超えるという。例えば、マスコミ系の場合、「神奈川新聞」「光文社」などがここに求人を出している。

 学生は、就活プロフィルに顔写真を載せ、資格やスキル、志望する業界やその理由、希望条件などを書き込む。作品や論文があれば、それをアップロードすることも可能だから、一般的なエントリーシートの何倍も自分をアピールできるというわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る