諦めるのは早い !? 「アイソン彗星」消えてますます大騒ぎ

公開日:  更新日:

「今年最大の天体ショー」といわれ、12月上旬、肉眼で見られると期待されていたアイソン彗星が、“消滅”したという。日本時間29日、NASAが「太陽に最接近し、消滅したとみられる」と発表した。それを受け、NHKは4日放送予定の「遭遇!巨大彗星アイソン」のタイトルと内容を変更すると発表した。チャーター機での観測ツアーを企画している旅行会社もあって、関係者は頭を抱えているようだ。

 そもそも、アイソン彗星ってどんな彗星なのか。
「成分は氷とチリで、分かりやすく言うと『真っ黒に汚れた雪玉』です。太陽系の果てにある『オールトの雲』から飛来したと考えられています。太陽まで何百万年とかけて接近し、最初で最後の“見るチャンス”が訪れたのです」(明石市立天文科学館・学芸員の鈴木康史氏)

 それが見られないのは残念だが、その後、探査機などの観測で「一部が残っている」可能性も指摘されている。国立天文台は、「太陽圏観測衛星『SOHO』の画像では見えているため、完全に消滅したわけではないとみている」と言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る