サラリーマン監視社会の本格到来を告げる「ICT革命」って?

公開日: 更新日:

 2014年はICT革命が本格化するとみられている。ITからICTになるわけで、増えた「C」はコミュニケーション。つまり、コンピューターを使うのは当然として、さらにツイッターやフェイスブック、ラインなども当たり前のように使いこなし、人とコミュニケーションを図っていく。そんな時代がやってくるということだ。

 そうなると、会社や働き方は大きく変わることになる。IT革命の主役はデスクトップのパソコンだったが、ICTの主役はスマホも含めた「持ち歩けるデバイス」だ。

「2015年にグーグルはグーグルグラスというメガネ型のコンピューターを出します。さらにアップルは腕時計型のスマホを出して、ウエアラブル(身に着けられる)コンピューターが本格化していくでしょう。それによって、便利にもなりますが、同時に従業員は常に監視されるようになりかねない。ウエアラブルコンピューターにはGPS機能が付いていて、会社は従業員の行動をチェックできるからです」(ITジャーナリスト・井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    名物司会者の大木凡人さんは今 大動脈解離で九死に一生

もっと見る