アベノミクスの“反動”クッキリ 実質賃金4カ月連続マイナス

公開日: 更新日:

 連合は14年春闘で5年ぶりにベースアップ(ベア)を要求する。当然の動きだろう。サラリーマンの給与は、実質減り続けているのだ。

 3日公表の毎月勤労統計調査10月分(厚労省)を見るとよく分かる。給与総額こそ26万7167円と前年同月比0.1%増だったが、所定内給与(基本給)は0.4%減の24万2153円。昨年まで7年連続で減り続け、今年もずっとマイナスを記録している。8年連続の基本給減は避けようがない。

「実質賃金も4カ月連続で減少しています。これは物価上昇を考慮して算出する給与額で、10月はマイナス1.3%でした。3月から6月まではプラスでしたが、7月以降は円安による輸入インフレの影響が色濃くなっています」(第一生命経済研究所首席エコノミストの熊野英生氏)

 給与も実質賃金もマイナス。アベノミクスによって、輸出中心の大企業は恩恵を受けているが、庶民生活は苦しさを増す一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

もっと見る