こだわりの酒場空間で絶品もつにかぶりつく

公開日:  更新日:

■炭火焼 いっぱいやっぺ(国分寺)

 国分寺は駅北口の商店街をズンズン進む。地名の由来にもなった武蔵国分寺跡のある、落ち着いた景観を楽しみにして来たが、大きな更地ができていて驚く。地上32階と31階建ての高層ツインタワーが建設されるらしい。

 時の流れを感じつつ、たどり着いたのが、「いっぱいやっぺ」。地元に愛され、宵の口から常連客でにぎわう焼きとんの名店である。黒い暖簾をくぐり、引き戸をガラガラ開けると、L字カウンターにテーブルひとつ。店主の浅見次男さんが「昔ながらの屋台風酒場を大切に」と守り続ける、こだわりの空間である。生ビール500円の注文がてら、話を伺う。

「こだわりってほどじゃないけど、夏に冷房がガンガンきいた場所でビール飲んだって、おいしくないでしょ?冬も石油ストーブ1台くらいの方が酒はうまいんだから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る