60代元営業マンは福島で地獄を見た 「除染はカネになる」の嘘

公開日:  更新日:

“仕事も見つからないし、どうせ老い先短い身。福島原発の除染作業で世のために働くか”――。そう考えているシニアも多いのではないか。しかし、その考えは甘い。同じ思いで福島に向かった中村義男さん(仮名、61歳)を待ち受けていたのは、炎天下でひたすら草取り作業を続けるだけの地獄の日々だった。

 3年前に中小企業をリストラされ、ハローワーク通いの中村さんの耳に入った話は「除染はカネになる」。単純な草刈り作業で1日1万7000円、月40万円は堅いという。

■日当1万7000円のはずが…

“ラクしてお金も貯まるなら”と早速、除染現場に人材を派遣している会社を訪れた中村さんだが、提示された日当は1日9000円。1万7000円はフォークリフトやダンプを運転できるエリート作業員の額だった。

“それでも仕事があるだけいいや”。そう考え福島に向かった中村さんだが、すぐに自分の考えの甘さに気づかされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る