ここに住んでいたら…<京成高砂>

公開日:  更新日:

 読んでいた本からふと顔を上げると、四ツ木駅の直前だった。荒川と土手がパーッと広がっている。これから行く高砂はどんなところだろう。
「おまえが好きそうな景色が電車から見えた」とカメラマンから教えてもらった高砂。阿佐ケ谷住宅や祖師谷住宅の付近を散歩して以来、ある種の集合住宅に強く引かれるようになった。高砂には高砂団地がある。一角は、老朽化のため建て直し計画中。失われてしまう前に、いざ行こう。

 駅を出て、高砂団地への行き方をおばあさんに聞くと、「そうね。あっちの方よ。方角としては」と大ざっぱな説明だった。おいしいものは最初に食べたいタチだが、最後に団地見学というのもいいかもしれない。“あっちの方”と反対側へ、まず足を向けた。

 静かな街だ。同じ京成線の立石とは全く違う。静かだけど、活気があるのが見事。意外にも、青山辺りにありそうなオシャレなパン屋が住宅の間にポツンとあった。競馬新聞片手のジャンパー姿のおじいさんがパンを買いに店に入っていくのを見て、またまた意外。地元民に愛されているんだろうな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る