「勤め続けたい」調査1位! 飲食・宿泊業が人気のなぜ?

公開日: 更新日:

 人気業種のトップは飲食業――。こんな調査結果が発表された。与信コンサルタント「リスクモンスター」が全国の20~49歳の男女600人に「仕事に対する満足度」調査を実施。「今後も勤め続けたい」と答えた人が一番多かったのは「飲食店、宿泊業」だった(85.7%)。驚くなかれ、女子は100%が今後も勤めたがっているのだ。ちなみに男子は66.7%である。

 飲食や宿泊業は給料が安くて仕事がきついというイメージが強い。それでも続けたがるのはなぜなのか。「ビジネススキル研究所」代表の鶴田慎一氏が言う。

「この10年間で飲食店やホテルはがらりと変わりました。若いスタッフ、とりわけ女性のアイデアを尊重し、新メニューや新企画を立ち上げています。テレビのグルメ番組が増えたので、頑張ればメディアに取材してもらえるし、売り上げによって自分の貢献度を知ることができる。入社3年目で新店舗の店長に抜擢するチェーン店もあるし、ある有名ホテルチェーンはほとんどのホテルの支配人を女性に任せています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る