• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米市議会「禁止」可決 日本にも広がるペットボトル不買運動

 水やお茶、炭酸飲料などペットボトルの飲み物は今や生活に欠かせない。ところが、米サンフランシスコ市議会は市役所や公民館、公園など公用地でのペットボトル販売を禁じる法律を満場一致で可決した。ゴミ問題が深刻だからだ。こうした動きは今後、広がっていくのだろうか。

「米国では、ペットボトル飲料不買運動が起きています。口火を切ったのはロサンゼルス市で、97年1月に市の予算でのペットボトル飲料の調達を禁止した。07年6月には、1100の市長が集まる全米市長会も同調しました。その翌月、サンフランシスコ市がすべての部局でのペットボトル飲料水の調達を禁止したことで、年間50万ドル(約5000万円)を削減。今回の販売禁止は、市民レベルまでペットボトル拒否を拡大させたもので、この流れは世界的に拡大しています」(在米ジャーナリスト)

 NYは、市も州もペットボトルの調達を禁止。英政府は、政府や省庁の会議などでのペットボトル飲料を使わない方針を発表した。豪バンダヌーン町も条例でペットボトル飲料を販売禁止に。その代わり、町のあちこちに水飲み場やマイボトルへの給水スポットを設置した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る