日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家庭か仕事か…「青山学院」女子が不幸になっていく理由

 最も幸せな男子学生は「関西大学」、最も不幸な女子学生は「青山学院大学」――。
 ビジネス総合誌「プレジデント」の〈年代・出身大学別 幸せ度ランキング〉でおもしろい結果が出た。

 90年代から現在の各年代に就職した男女1000人に「就職時に勢いがあって幸せそうな人」と「今も幸せそうな人」の2項目についてアンケートしたものだ。

 男子部門は、「就職時」「今」の両方で早稲田大が1位。慶応大、東京大、同志社大など高偏差値の大学が続く。

 そんな中、意外な大学が大健闘している。両方で2位に入った関西大学だ。50歳以上の人なら、「ポンキンカン(日大、近畿大、関西大の総称)」と言われてパッとしないイメージもあるだろうが、どうしてなのか。

 受験ジャーナリストがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事