書道が静かなブーム…「家庭料理を作る気持ちで」とプロ書家

公開日:  更新日:

「2013/レジャー白書」(日本生産性本部)によると、わが国の「書道」人口はおよそ400万人。とくにこの数年、書道は、高校生やシニア層の間で静かなブームを起こしているという。

 ブームは、女性書家の活躍や映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(2010年公開)のヒットで、書道の楽しさが浸透したこととも無関係ではない。
 東京・豊島区内に住む秋津黎さん(無職=65)が、「書道」を始めたのはほぼ3年前のこと。

 動機は単純だった。毎年、年賀状や暑中見舞いのハガキを書いていて、いつももう少しきれいな字を書きたいと思っていたのである。
 たまたま、住まいの近所に「書道教室」があった。受講料を尋ねてみると、週に1回、2時間3000円である。

 ほか、「書道カルチャーセンター」にも問い合わせると、2時間4000円。「書道通信教育」は、半年で約3万円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る