日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

書道が静かなブーム…「家庭料理を作る気持ちで」とプロ書家

「2013/レジャー白書」(日本生産性本部)によると、わが国の「書道」人口はおよそ400万人。とくにこの数年、書道は、高校生やシニア層の間で静かなブームを起こしているという。

 ブームは、女性書家の活躍や映画「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」(2010年公開)のヒットで、書道の楽しさが浸透したこととも無関係ではない。
 東京・豊島区内に住む秋津黎さん(無職=65)が、「書道」を始めたのはほぼ3年前のこと。

 動機は単純だった。毎年、年賀状や暑中見舞いのハガキを書いていて、いつももう少しきれいな字を書きたいと思っていたのである。
 たまたま、住まいの近所に「書道教室」があった。受講料を尋ねてみると、週に1回、2時間3000円である。

 ほか、「書道カルチャーセンター」にも問い合わせると、2時間4000円。「書道通信教育」は、半年で約3万円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事