• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ五輪中の「朝」バカ売れだった 覚醒ドリンク「眠眠打破」

 眠気覚ましの定番ドリンク「眠眠打破」が、この3月、デビュー17年目にして初めての“処方変更”を行った。コーヒー2杯分のカフェイン抽出物などが配合された従来商品に、「アルギニン」と「ハーブミックス」を追加。飲み口に重厚感が加わり、より効果が実感できる成分と味になった。

 冨岡和浩さんは、このリニューアルの担当者。プロジェクトの立ち上げから約1年半かけての大仕事だった。

「中身やデザイン、品質管理など、異なる部門のスタッフをまとめ、時には尻をたたき、予定通りプロジェクトを進めるのは本当に大変でした。進捗状況を社長に報告する会議の前の夜なんて、何本“眠眠打破”を飲んだかわかりません。ハハ」

 1997年の発売開始当時は、広島支店で営業を担当していた。耳慣れない“覚醒ドリンク”という新ジャンル商品。眠気覚ましに関する商品は当時ガムしかなく、かといって医薬品ではなく清涼飲料水という扱い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る