ソチ五輪中の「朝」バカ売れだった 覚醒ドリンク「眠眠打破」

公開日: 更新日:

 眠気覚ましの定番ドリンク「眠眠打破」が、この3月、デビュー17年目にして初めての“処方変更”を行った。コーヒー2杯分のカフェイン抽出物などが配合された従来商品に、「アルギニン」と「ハーブミックス」を追加。飲み口に重厚感が加わり、より効果が実感できる成分と味になった。

 冨岡和浩さんは、このリニューアルの担当者。プロジェクトの立ち上げから約1年半かけての大仕事だった。

「中身やデザイン、品質管理など、異なる部門のスタッフをまとめ、時には尻をたたき、予定通りプロジェクトを進めるのは本当に大変でした。進捗状況を社長に報告する会議の前の夜なんて、何本“眠眠打破”を飲んだかわかりません。ハハ」

 1997年の発売開始当時は、広島支店で営業を担当していた。耳慣れない“覚醒ドリンク”という新ジャンル商品。眠気覚ましに関する商品は当時ガムしかなく、かといって医薬品ではなく清涼飲料水という扱い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る