ソチ五輪中の「朝」バカ売れだった 覚醒ドリンク「眠眠打破」

公開日:  更新日:

 眠気覚ましの定番ドリンク「眠眠打破」が、この3月、デビュー17年目にして初めての“処方変更”を行った。コーヒー2杯分のカフェイン抽出物などが配合された従来商品に、「アルギニン」と「ハーブミックス」を追加。飲み口に重厚感が加わり、より効果が実感できる成分と味になった。

 冨岡和浩さんは、このリニューアルの担当者。プロジェクトの立ち上げから約1年半かけての大仕事だった。

「中身やデザイン、品質管理など、異なる部門のスタッフをまとめ、時には尻をたたき、予定通りプロジェクトを進めるのは本当に大変でした。進捗状況を社長に報告する会議の前の夜なんて、何本“眠眠打破”を飲んだかわかりません。ハハ」

 1997年の発売開始当時は、広島支店で営業を担当していた。耳慣れない“覚醒ドリンク”という新ジャンル商品。眠気覚ましに関する商品は当時ガムしかなく、かといって医薬品ではなく清涼飲料水という扱い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る