ソチ五輪中の「朝」バカ売れだった 覚醒ドリンク「眠眠打破」

公開日:  更新日:

 眠気覚ましの定番ドリンク「眠眠打破」が、この3月、デビュー17年目にして初めての“処方変更”を行った。コーヒー2杯分のカフェイン抽出物などが配合された従来商品に、「アルギニン」と「ハーブミックス」を追加。飲み口に重厚感が加わり、より効果が実感できる成分と味になった。

 冨岡和浩さんは、このリニューアルの担当者。プロジェクトの立ち上げから約1年半かけての大仕事だった。

「中身やデザイン、品質管理など、異なる部門のスタッフをまとめ、時には尻をたたき、予定通りプロジェクトを進めるのは本当に大変でした。進捗状況を社長に報告する会議の前の夜なんて、何本“眠眠打破”を飲んだかわかりません。ハハ」

 1997年の発売開始当時は、広島支店で営業を担当していた。耳慣れない“覚醒ドリンク”という新ジャンル商品。眠気覚ましに関する商品は当時ガムしかなく、かといって医薬品ではなく清涼飲料水という扱い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る