健常者の20倍以上 「がん告知→自殺」から身を守る方法

公開日:  更新日:

 がんと診断された人の自殺率は健常者の20倍以上―。こんなショッキングな数字が発表された。国立がん研究センターなどが1990年から20年間にわたって全国の40~60代の計10万3000人を調査。このうち、がんが見つかった人は1万1000人で、診断後1年以内に13人が自殺、16人が外因死を遂げていた。

 この数字から、がんの診断から1年以内の人の自殺リスクはがんでない人の24倍、外因死のリスクは19倍と判明した。外因死は注意が散漫になり、歩行中などにクルマにはねられたり、高い所から落下する事故死をさす。

 医学博士の左門新氏によると、人は医者から「あなたはがんです」と言われた時点で頭が真っ白になり、絶望してしまうケースが多いという。手術を受ければ助かるのに、「俺はもうダメだ」と思い込み、つい死を選んでしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る